神大 受験生応援板

「神戸大学ってどんなところなんだろう?」 「神大に入ったらどんなことができるんだろう?」 「 神大を受験したいけど今のままでいいのかな…」 そんな悩める受験生、高校生に、学生目線でアドバイスしたい。神大の魅力を伝えたい…と思い立ち上げたのが 高校生の質問に現役神大生が答える掲示板『神大受験生応援板』 我々神戸大学生協学生委員会があなたの受験を全力サポートします。

月 3年生 文系 国際人間科学部 学部生活・進路等

【質問者】

月 3年生 文系 国際人間科学部 学部生活・進路等

【質問内容】

文化グローバルを志望しています。大学で英語を特に勉強したいと思っているのですが、具体的に授業ではどのようなことをしますか。英語の授業といっても色々あると思いますが、少しでも教えていただけたら嬉しいです。また、授業全部英語で行われるものは望めば誰でも受講出来るんですか。それとも、ある程度の英語のレベルを超えていないと取れないんですか。

 

【回答】

はじめまして。グローバル文化学科2回生のほのかです。

大学での英語の授業についてのご質問ということですが、まず英語そのものを学ぶ授業としては一回生で一般教養科目として必修の英語があります。これは週2コマで、内容は先生によって変わりますがテキストを読んだり、エッセイを書いたり、英語のプレゼン、ディスカッションなど高校と似た内容です。また、学部/学科で開講される英語を勉強する授業としてとして、二回生前期に必修のアカデミックイングリッシュの授業(これも英文を読んだり書いたりするのが中心です)、選択科目のTOEFLTOEICの演習、Academic Reading、English presentationなどの授業があります。

また、英語そのものの授業ではなく英語で開講される科目については、二回生以降に取れることが多く、時期や担当の先生にもよりますが一学期に3授業程度が開講されていると思います。これらの授業をとるのに英語のレベルの制限はなく、希望者は誰でもとることができますが、授業の内容を理解できる英語力がないと単位を取得するのは難しいと思います。

最後に国際人間科学部の特徴であるGSP演習ですが、この留学プログラムでも海外で語学研修をおこなうプログラムが多数あります。

グローバル文化学科は外国語学部ではないので、言語を学ぶということに関しては他の学部とはそこまで大きな差はないかもしれません。(もちろん留学が必須なのでその分多少英語の授業は多いですが…)1年間の交換留学などに参加する人も多く、英語圏でしっかり勉強することもできるので、そういった留学も視野に入れてみてください。

この回答が参考になれば幸いです。