神大 受験生応援板

「神戸大学ってどんなところなんだろう?」 「神大に入ったらどんなことができるんだろう?」 「 神大を受験したいけど今のままでいいのかな…」 そんな悩める受験生、高校生に、学生目線でアドバイスしたい。神大の魅力を伝えたい…と思い立ち上げたのが 高校生の質問に現役神大生が答える掲示板『神大受験生応援板』 我々神戸大学生協学生委員会があなたの受験を全力サポートします。

みせす 1年 文系 国際人間科学部 センター試験、学部生活・進路等

【質問者】

みせす 1年 文系 国際人間科学部 センター試験、学部生活・進路等

【質問内容】

高校1年です

親が神戸大学出身で自分も行きたいなと思っていて調べていると国際人間科学部のグーロバル科に推薦入試があることがわかり推薦も考えたいなと思っているのですが、そのために今からしておいたら良いこと・有利になることを教えて貰えると嬉しいです!

それと、グローバル科の推薦だと面接は英語で受け答えしなくてはならないのかな…?と思ったりしていてそこら辺も教えて貰えると嬉しいです!

【回答】

みせすさん、こんにちは!国際人間科学部グローバル文化学科2回生のさきです。私自身は一般入試しか経験していないので、以下は推薦入試で入学した友だちに実際にきいた内容になります。

「まず、今からしておいたらいいことについてです。高校1年生からできる事は、学校の勉強をちゃんとする事はもちろん(推薦入試では評定平均という学校の全教科の成績の平均でどれだけ単位が取れているかを見られるから)、課外活動や部活動を頑張ることです。推薦入試の一次選考で志望理由書などの書類を揃えなければならないのですが、その一つに活動報告書というものがあって、学校外で頑張ったことや、部活動、ボランティア活動、資格などについて記入するものがあるので、そこにたくさんの経験が書けることが入試で有利になるかと思います。例えば、私の場合、部長をやったり、英語のディベート大会に参加したり、高校で募集していた海外での研修プログラムに参加したり、(これは留学の部類になるかな)とにかく色々なことにチャレンジすることが必要かなと思います。推薦入試では、他の人とは違う経験をしたこと、目を引くような経験をしているかどうかが鍵になるので、まだ高校1年生ですし、いろんなことに興味を持って、気になる、と思ったら行動にうつしてみることが重要であると思います。大学に入ってから思いましたが、グローバル文化学科には、何事にも全力で一生懸命がんばる人がたくさんいます。何度も言いますが、とにかく様々なことに挑戦し、体験して「自分の強み」を探してみてください。また、2020年度4月入学者向けの資料によりますが、推薦入試に出願するためにはTOEFL iBTという試験のスコアを持っていなければなりません。これがなかなか難しく、英検よりも難易度が高く、英語の4技能を幅広く付けておかなければならないので、今から英語力を高めるために勉強するのも十分だと思います。試験自体が、他の英語の試験とは違って紙ではなく、コンピューターで全てのテストをするのでとても緊張します。二回は受けないと思うようなスコアは採れないと思います…。また、試験代も高いので、このテストについてはよく調べてください。それに、推薦入試の試験方法が変わる可能性もあるので、直接学科のH Pにアクセスして確認してください。

次に面接についてです。英語の試験がある、とありますが、私が受けたときは初めて面接試験を導入したこともあって、日本語での質問がほとんど、英語の質問は1問だけでした。内容としては時事問題について問われましたが、それについてどう思うか、なぜそう思うのかを答えました。英語の質問がくる、と言って恐れる事はありませんが、自分の意見を英語で何とか伝えられる力があれば十分だと思います。日頃からちょっとしたニュースに触れて英語で意見を書いてみることも一つですし、私がやっていたディベートも大変ですが、間違いなく英語力は全体的に身につくのでおすすめです。」

私も推薦を視野に入れていた時期があり、そのときはTOEFLの勉強をしていました。結局私は一般入試の形式の方が自分に合っていると思ったので推薦での受験をやめましたが、そのときの勉強はその後も役立ったと感じています。

みせすさんもいろいろ挑戦してどちらで受験するか考えてみてください!この回答が参考になれば幸いです。